アンチエイジングでよく聞く言葉

アンチエイジングを始め美容について調べていると
「美白」、「透明感のある肌」、「肌の艶」などの言葉をよく耳にする。

ニュアンスでは何となく分かるのだけれども、実際はどうなのか?
合ってるのかどうかと気になるときがある。

そんな疑問があったので、調べたり思いついた順に書き出してみる事にした。

【透明感のある肌】

肌の透明感とは、「肌の内側から反射する光の量の多い」の影響が大きい。
その量が多いと、透明感があるといわれているようだ。

その手本となるのが「赤ちゃんの肌」で、「色白」とか「黒っぽい」などの
肌の色とは関係ないようだ。

それから肌の水分量。25%以下だと肌がくすみ、40%以上だと肌が透き通って見える。
赤ちゃんの肌は60%以上で、大人は40%くらいを維持できれば良いらしい。

肌の水分は内部(体中)から湧き上がるように補充されるものなので、外部からの保湿では、
表皮(表面)を補うだけなので、体内に水分を増やす事が重要。

そのためには、こまめな水分補給が必須になってくる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>