意外と混同されがち?同じように見えて実際は違う、細菌とウイルスの違い

悪魔
人が病気になるのは、「細菌」と「ウイルス」と「化学物質」の3つが原因だという。
「化学物質」は、膠原病(こうげんびょう)やアレルギー、化学物質過敏症(かがくぶっしつかびんしょう)
の原因になっているという。

化学物質過敏症は、アレルギーと共通点があるが、同じものではなく別のもので、
非常に微量の薬物や化学物質(主に揮発性有機化合物)の暴露によって
健康被害が引き起こされるとする疾病概念という。

「細菌」と「ウイルス」同じように考えてしまいがちでややこしいのであるが、
「細菌」と「ウイルス」は、同じではなく、違うという事はご存知だろうか?
「ウイルス」は「ウイルス」であって「細菌」ではないのである。

スポンサーリンク

その違いを下記に記載してみた

【細菌】

増殖:細胞がなくても増殖できる。
分裂増殖(2分裂):する。
細胞壁:あり。
核酸:DNAとRNAを両方持っている。。
エネルギーの生産:する。
タンパク質合成:する。

抗生物質:効く。

【ウイルス】

増殖:人や動物などの細胞の中で増殖。
分裂増殖(2分裂):なし。
細胞壁:なし。
核酸:DNAまたはRNAのいずれか一方しか持っていない。
エネルギーの生産:なし。
タンパク質合成:なし。

抗生物質:効かない。

両者とも、大きさは、ごく小さいもので体内に入って悪さをするので
同じと思いがちだが、このような明確な違いがあるのである。

大きな違いは、細菌には抗生物質が効くのに対し、ウイルスには効かないという点で、
細菌の中にも抗生物質が効かないものもいるが、抗生物質に対する耐性を獲得しただけにすぎず、
本来は効いていたのである。

ウイルスには自己の体内に栄養を取り込んで成長・増殖するという機能がないために、抗生物質は効かず、
生きた細胞に入り込み、感染した細胞を利用することで増殖するので宿主は、生物に限られる。

細菌は、感染した生物から栄養をもらうことで自力で増殖し、栄養と一定の条件が揃う事を必要とするが、
生物に限らず、生物以外のものにも宿主にでき、この場合は、モノが腐るという現象を引き起こす。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>