重曹パワーで自宅で早く治す。風邪やインフルエンザ

筆者はインフルエンザに何年もかかってないので試した事はないが、
下記のような方法でインフルエンザ(風邪にも有効)も早く回復や予防ができるようである。

自分も含めて身近に感染した人がいれば試してみようと思っている。

そのキーアイテムとなるのが、「重曹(炭酸水素ナトリウム)」である。

重曹は、タワシで擦ってもとりにくい頑固なキッチンやレンジの油などの汚れを
水で溶いてペースト状にしたり、ふりかけたりして拭くだけで簡単に汚れが落とせる、あの重曹である。

自然のものなので、人体の害や公害の心配もなく、お風呂に入れたり、飲用にも用いられる。
「美人の湯」として効能が期待される温泉にも重曹が含まれている場合が多い。
また、海水魚の飼育にも重曹があれば、水質改善にかなり役立つという(アルカリ性なので、PHの調節に用いる)。

重曹は、安価で、薬局やスーパーなどでも容易に入手できるのであり難い。

重曹を選ぶポイントは、「食用」を選ぶこと。

100円均一などでも入手できるが、食用に適さないので、掃除の用途でしか使えない。
(※説明が書きを見れば「食用には使用しないでください」などと書いてある)

様々な働きがある重曹、下記の方法が「インフルエンザや風邪にも有効」というので紹介します。

【インフルエンザや風邪に有効な重曹の用い方】

・朝と晩に、コップに少量(ひとつまみ)の重曹を溶かし、ぬるま湯で溶いて飲む。

・入浴時にスプーン一杯ほどの重曹をお風呂に混ぜて入浴する。
(※お風呂に入れない場合は、洗面器にお湯を入れ約小さじ一杯くらいを溶かす。
 それから洗面器にタオルを浸けて、絞って身体を拭く)

・1~2枚ほどの細かく砕いたクラッカー(ビスケットの一種だが、「イースト」や「酵素」を使用しているもの)を、小さじ1/2の重曹を混ぜる。
(※水は飲まない方が良い。喉の粘膜に重曹の粉が付着させ、菌の繁殖を抑えられるため)

以上が重曹を用いた方法である。

筆者は、上記の方法をやっていなくても、インフルエンザや風邪にかからないのは、

・「温冷浴(冷水→温水→冷水を繰り返して入浴)」
・毎日、2リットル以上の「生の水(天然水など)」や「柿の葉茶」を飲む
・基本は、生野菜と根菜類を非加熱で食べる
・果物を食べる
・できるだけ、良い睡眠をとる(23時~3時の間は熟睡)

を中心に実行しているからだろう。
これらは、「西式甲田健康法」でも推奨されている方法であるので、上記の「重曹」の健康法も用いれば
より効果が期待できるかもしれない。

「重曹」については、「インフルエンザや風邪」の他にも驚くような効果が多数あるので
別記事で紹介していこうと思う。

重曹は「食用」のものを選ぶ理由は、「工業用」のものもあり、飲用や入浴などには推奨されないため。
下記の「重曹」は食用にも使用ができるし、値段も安価なので筆者も購入している。
(※「食用」は、「薬(薬局で売られている薬用の重曹)」以外の目的なら何でも用いられるもの)

メーカーは「蚊取り線香」や「入浴剤」で有名な「紀陽除虫菊株式会社」で、
商品名は『紀陽除虫菊 重曹物語』である。

紀陽除虫菊 重曹物語 800g

新品価格
¥442から
(2015/1/19 11:32時点)


※この商品の使用できる用途は下記に載せておきます。
use_kiyou-jochugiku

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>