リンゴで腹痛になる人、リンゴアレルギーかも?

リンゴ 腹痛

リンゴを食べると、しばらくすると(20~30分くらい経った頃くらい)、お腹が痛くなってくる。
これが約1時間弱ほど続く、こういった経験はないだろうか?

筆者の場合は、リンゴジュース系で高確率で腹痛が発祥し、しばらく苦しんでいる。
見た目を気にして、穏やかに苦しんでいるのであるが、実際は、ゴロゴロと寝転んで
腹痛が過ぎるのをやり過ごしたいくらいの痛さである。

みぞおちにパンチを食らった痛さとは少し違う(みぞおちは横隔膜が突き上げられそうな痛みもあるので)、
強いて言えば、強い炭酸飲料を飲んだ後に胃が痛くなるような、痛さが妥当かもしれない。
更に、トイレを我慢しててお腹が痛くなるような痛さもプラスした感じかな。

じわ~っと続く痛みが何とも言い難い辛さがあり、顔が引きつって、ちょっと冷汗がでてくる。
家に居る時はいいが、外出時には、腹痛が通り過ぎるのを待つのは厳しいものがある。

できるだけリンゴジュース系は、飲まないようにしているが、知らないままに飲食物にリンゴ系が含有されていて
腹痛が発祥して、気づくパターンもある。

こういった経験の繰り返しで、「リンゴで腹痛の原因か!」と思うようになった。

筆者の場合、リンゴの果実(加工してない)そのものを食べても腹痛にはならない(極めて稀だが腹痛になったことはある)が、
加工したものは、必ずといってほど腹痛になる。

リンゴ果汁入りの炭酸飲料や一部のリンゴ含有の野菜ジュース(ならないものもある)で腹痛になる。
強いては「リンゴ味のジュース」(←無果汁なのに・・・なぜ??)でなる、しかも確率が高く
痛みもひどい時がある。

これは、リンゴ由来の香料が原因かもしれない。

香料以外に原因があるとすれば、天然でも人工でも、リンゴ味の成分に、
腹痛をおこさせる働きがある、共通の成分があるってことか?…甚だ疑問である。

調べてみると同じような症状になる人も少なからずいており、「リンゴアレルギー」という症状だとか。

筆者が腹痛をおこさないリンゴジュースもあり、それはストレート(未加工で無添加)のものは基本は、
大丈夫である。

腹痛を起こすのは、糖分や保存料や着色料、香料などの添加物が含有されたものに、ドンピシャでなる。

また、果汁100%のリンゴジュースでも、濃縮還元や、それに添加物を含まれてると、
腹痛が起きる事が多いのである。

しかも、先述したように、20~30分くらい経った頃くらいに、約1時間弱ほど、痛みが続く。
あのリンゴのボディーブローがジワジワと効いてくるので辛い。

筆者の場合は、ストレート(未加工で無添加)のものは、腹痛は起きないので、
筆者はストレートを飲むようにしている。

筆者が腹痛にならなかったストレートのリンゴジュースは、一例を挙げると
下記の林檎園の『青森リンゴ果汁100%のストレートリンゴジュース』。

青森リンゴ果汁100%のストレートリンゴジュース 林檎園1000g (1000g×6本入り)

新品価格
¥2,684から
(2015/3/2 11:23時点)


添加物は、ビタミンC(酸化防止として含有)がのみ含まれている。
それ以外は、リンゴ果汁なので極めて絞りたてに近い状態であり、賞味期限常温6ヶ月間(未開封の場合)。
※開封後は、キャップをして冷蔵庫(10℃以下)で保存し、4日以内

ストレートのジュースは、ガラス瓶というイメージがあり、見た目は紙パック入りなので業務用っぽくみえる。
こういう外見なので見た目は良くないと思う。ただ、中身が良いのである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>