「温冷浴」で自律神経のバランスを保ち健康に

温冷浴は、冷浴と温浴を交互に行い、皮膚を鍛える入浴法である。

身体の体液のバランスは温度によって左右され、
温浴によって体液はアルカリ性に傾き、冷浴によって体液は酸性に傾く。
それと同時に温浴は副交感神経を刺激し、冷浴は交感神経を刺激するという作用が起こる。

【効能】

故 甲田光雄医師によると、
「リュウマチ、神経痛、頭痛、糖尿病、肝臓病、風邪、貧血、
循環器系疾患、疲労回復などに効果がある。」という。

また、この冷浴、温浴を交互に行う事によって、体液も自律神経も中庸(バランスの保った状態)に保つことができる。
自律神経を中庸にする事は、「更年期障害」や「十二指腸潰瘍」に効果があり、
これらの症状は「自律神経のバランスが崩れる(失調)事でおこるため」とのことである。

特に、疲労回復には効果大であり、クタクタになってるときに、
温冷浴を行うとスッキリと疲れがとれるとのこと。

日常生活で関心のある効能としては、甲田光雄医師の著書に中で
・「風邪をひかなくなる」
・「冷え性が治る」
・「肌が綺麗になる」
といった事も付け加えて説明されてあった。

【筆者の経験】

筆者の場合は、温冷浴の恩恵だけではないと思うが、
・「風邪をひかなくなった(風邪気味は年に1~2回あるか無いか程度)」、
・「冷え性が改善(マシになった)」、
・「肌が艶々(シャワーの水を弾く)になった」←食事の効果も相乗して
という効果を経験した。

疲労回復もやる時間帯によって効果は変わると思う。
夜に行った時、「温冷浴」を行った直後は疲れが、かなり取れた気がした。

【温冷浴の行い方】

冷浴と温浴を交互に、約5~9回繰り返す。(数え方は→1回「冷浴」、2回「温浴」、3回「冷浴」…)
9回以上繰り返すと、逆に身体が疲れる場合があるので、通常は9回くらいまでにする。
必ず、「冷浴」から始めて「冷浴」で終わること

冬場は、冷浴から始めるのは厳しいものがあるけど、できるだけ気合を入れて我慢する方が理想。
水温を20度近くにするか、少しぬるま湯で始めるとかでもいいかも。

ただし、温泉や公衆浴場では、衛生的な事も考えて、必ず冷浴から始めるに限る。
皮膚が冷水で引き締まり、細菌の感染からも防御しやすくなるため。

温浴は41~43度、水浴は14~15度が最適な温度。

1回目:水浴(冷水シャワー)を1分間(最初は、冷たいけど我慢)
2回目:温浴(湯船につかる)を1分間
3回目:水浴(冷水シャワー)を1分間
4回目:温浴(湯船につかる)を1分間
5回目:水浴(冷水シャワー)を1分間(最低、ここまでは行う)
6回目:温浴(湯船につかる)を1分間
7回目:水浴(冷水シャワー)を1分間
8回目:温浴(湯船につかる)を1分間
9回目:水浴(冷水シャワー)を1分間(通常は、ここで終りにする)

onreiyoku

※水浴を冷水シャワーで行う場合は、足先に3秒、膝下に3秒、ヘソに3秒、
左肩に3秒、右肩に3秒、更に、左肩に3秒、右肩に3秒を2回繰り返す。

[注意点]
下記の症状や状態の時は、行なわないこと。
・「慢性腎不全」、「肝臓病」、「心臓病」、「肝臓病」などや、「重い高血圧」の人。
・「酔っている」、「熱がある」「薬を服用中」などの状態のとき。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>