隙間時間に「毛管運動」で若返りや怪我の治癒に

「毛管運動」は、「西式健康法」の体操の1つで、毎日行いたい運動です。
「若返りの体操」とも言われており、また、怪我してるときに行うと治癒が早くなったりする
優れた運動法です。

身体の血液やリンパなどの体液をバランスよく循環させるために行う運動で、
体液は、座ってる時や立っているときなど、様々な体勢でいずれかに偏った状態になりがちです。
それを整える事はとても大切な事で、以下のような効果があります。

・ 手足の歪みや傷や故障箇所を治るのを補助
・ 全身の筋肉の疲労の回復
・ 足腰の筋力の強化
・ 腎機能の向上
・ 風邪など、様々な病気の予防や改善

スポンサーリンク

【毛管運動のやり方】

1.仰向けになり、首の下に枕をひく。
2.できるだけ手足を床と垂直に上げる(上げられるところまで)
3.指をまっすぐ揃えて伸ばし、足裏は天井と水平になるようにピンと伸ばし、背骨は床に密着させる
4.手足をプルプルと微振動させる(痙攣するように細かくシュッシュっと振る感じで)
moukantaisou1

5.終わったら手足を降ろし脱力をする(重要)。
moukantaisou2

[補足]

手足はできるだけ真直ぐにする。
手足がカチコチだと血液も上手く流れ落ちてこなくなるので、程よく脱力をする。
(真っ直ぐに伸びなくても継続してるうちに循環がよくなって伸びるようになってくる)

手先は上から吊るされているように、足裏は天井を押し上げるようなイメージをしながら行う。
お尻は床から離れないようにする。

手は肩、足は腰から、縦に振動を伝えていき、痙攣のように小刻みにリズムをとる感じで揺らす。
(血が引いて手先が痺れるような感覚になると上手くいっている証拠)

【注意点】


・必ず、1~4を行う時間と5を行う時間は、同じにする。
例えば、1分なら1分ずつ、5分なら5分ずつというように平等に行う。
(1~4と5で1セットと考える)

理由は、手先を伸ばしプルプル振動させることで血流を下に流れてくる過程と
脱力をして元の場所に血流が戻っていく過程は、それぞれ同じ時間を必要とするため。

・枕をしないと頭に血が上るため、枕は必須。
胴体や手先へ血が流れるのは良いが、頭に血が上ると、身体は血液過剰だと判断して
血流を減らすように働くため、逆効果になる。

[心臓が弱い方は注意が必要]

・手足に溜まっていた血液が一気に胴に戻り心臓へ負荷がかかるので
「心不全」や「心臓の調子悪い」の人は行わない方が良い。

【毛管運動をするタイミング】

隙間時間でするのが理想的。
「起床」の時と「就寝」の時の1日2回でも良い。
怪我の治癒や体質改善を促進させたい時は、1時間ごとにする人もいる。

手足を使って疲れた時、長時間座ったり立ったりしていて足がむくんでいる時などは効果大。
手足に炎症(骨折は除く)がある時、怪我や火傷をしたときも治癒が早まる。

1サイクルは、1~5分(1~2分でもOK)。
意外と疲れるので1~2分続けるのも厳しいときもあるので、自分のタイミングで行う。
疲れたら、手足を降ろさず振動のみ途中休憩するか、壁などに足をもたれかけるなどして、
手足を降ろさない工夫をするのも良い。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>