かぼちゃは消化にも優しくて栄養豊富

かぼちゃは、消化にも優しく栄養が優れているので、ダイエット中や、
少食実践者や断食後の回復食(断食前後の慣らしの期間の食事)に適しているといえる。
風邪やその他の体調不良などの病み上がりにもいい。

かぼちゃの主な栄養は
ビタミンA(β-カロチン)、ビタミンC、ビタミンE である。
いずれも、活性酸素に有効な抗酸化物質、皮膚の再生、眼にも良いといわれる成分です。

また、かぼちゃは、毎年10月31日のハロウィン(ハロウィーン)の祭りには、欠かせないものですね。
大きなかぼちゃを、切り抜いてお化けっぽくしてランプにして照らしたりと、あの暗い夜の雰囲気は、落ち着きます。

かぼちゃは硬いけど、コツさえつかめば調理加工しやすく、味も美味しい。
しかも、かぼちゃは、全部食べられます、種も食べれます。
しかも栄養が豊富でアンチエイジングや若さにも良いとか…

かぼちゃの種は、
タンパク質やビタミン類(ビタミンB1・B2、鉄分、ナイアシンなど)、各種ミネラル類(カルシウムなど)、植物ステロール、リグナン類やカロテノイドが含まれています。
また、不飽和脂肪酸(リノール酸をはじめ、オレイン酸、パルミチン酸、ステアリン酸など)も豊富に含まれているとか…など、メリットが多い部分なのです。

まとめると
①抗酸化物質豊富で老化や病気などの対策
②前立腺肥大を抑制する
③骨粗しょう症を予防する
④新陳代謝を活発にし、体力の向上
⑤女性の排尿障害を軽減する
⑥コレステロール値を下げる
という効果が期待されています。

ネットで「かぼちゃの種 栄養」と検索すれば、色々な情報が出てきます。

種は捨てずに食べてみてはどうでしょうか。
油でサラッとあげれば、スナック菓子のような感覚で食べれて、そこそこいける味です。
油によって味が作用するので、ちょっと良い油で揚げればいいです。

ハロウィンのランプ用に、余ったかぼちゃの中身で、副菜としてお菓子として、
かぼちゃ料理を楽しんではいかがでしょうか。

北海道夕張産 夕張ぼっちゃんかぼちゃ 10玉入り

新品価格
¥1,580から
(2014/10/22 10:59時点)

【かぼちゃの調理方法】

かぼちゃは、とても調理がしやすい。
適当な大きさに切る時に、包丁での力がいるので固くて調理しにくいイメージがある。
切る時も、先ずは半分にするために、包丁の先で軽く突き刺すようにして刃先から刺し込み、そのまま円を描くようにして切るとスーッと切れる。

次に、半分になった かぼちゃを同じ要領で背中から切る。

これで1/4カットになったので後は、もう少し切るか、このままの大きさで調理するかは、お好みで。

調理しやすいといったのは、硬いのに沸騰した湯で茹でると2~3分くらいで
軟らかくなるからである。

茹でる時に、無くてもいいが軟らかくするため少量の日本酒(不気味な色になるが赤ワインでも良い)を入れる。

うどんダシを入れて煮込むのがポイントで、味が付き非常に美味しい。
ダシの種類は、濃縮タイプが便利。昆布やカツオなど、お好みのものを。
成分や栄養で決めたりする時は、その時の状況に応じて動物性か植物性かで使い分ければいいと思う。

ベジタリアンや健康のために生野菜中心の食生活をしてる人は、カツオや魚のダシが入っていない、昆布などが主成分の植物性原料のダシを、そうでない人は、うどんのダシにしたら美味しそうな、ダシ(動物や植物性問わず)を使えばいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>