「柿の葉茶」は最高! ビタミンCを壊さず摂取できる、ノンカフェイン茶

「柿の葉茶」は凄い!

これに匹敵するというか同等なお茶は、ローズヒップティーくらいだろう。
両者とも「ビタミンC」が豊富で、ビタミンCの質(安定した状態で熱に強い)も良い。

どちらを選ぶかは、好みによるが、筆者の場合は、状況によって使い分けている。

柿の葉茶の場合
・量が多いとき(500ml以上~1L)
・お茶として飲みたい時、食事のときなど。
・すぐに飲みたいとき(ローズヒップは時間かけて抽出した方が美味しい為)

健康を気にする人や少食の実践者には、必須のアイテムだといえる。

柿の葉をお茶に利用したものであり、他のお茶や食物と異なる
大きなメリットが2つある。

①ビタミンCが熱湯(80度くらい)でも破壊されずに、体内で効率良く吸収されやすい。

②カフェインが全く無い。

お茶には、普通はカフェインが含まれているが、「柿の葉茶」は無いので珍しい。

老若男女や体質を気にせずに飲めるので、どの場面でも気にせずに飲める。

特に①の「ビタミンCが熱湯でも破壊されない」というのは非常にあり難い。
理由は、「プロビタミンC」という、普通の「ビタミンC」と少し異なる状態で
「柿の葉」に含まれているからである。

これは熱に強く、外部の変化を受けにくい状態であり、
これが我々の体内で吸収される時に、普通の「ビタミンC」になるのである。

だから効率よく「ビタミンC」が補給できる。
断食中や体調不良、日々の美容にとって非常に役立つのである。
筆者も愛用者である。

欠点といえば、毎日飲んでいると、たまに、味に飽きてくることぐらいだろうか。
ただ、「柿の葉茶」は各メーカーで、製造されており、それぞれで味が違う。
飽きてきたら、他の「柿の葉茶」も複数用意して、飲み変えてみるのがいいと思う。

ただし、その中でも、良し悪しがあるので、質の良い「柿の葉茶」を選ぶ必要がある。
成分も、他のお茶の葉とブレンドされているものも多くあるので、
必ず「柿の葉」100%のものを選びたい。

筆者が愛用してるのは『柿茶(ティーバックタイプ)4g×96袋+西式取材資料』という下記のものである。

柿茶(ティーバックタイプ)4g×96袋+西式取材資料(初回のみ)

新品価格
¥6,500から
(2014/10/17 14:03時点)

味はとても美味しい、トップクラス。
他メーカーの「柿の葉茶」には茶色~黄色の様な焙煎した色であるが、
この商品は、ティーバッグ内の茶葉は鮮やかな緑色をしている。

この商品は、店頭でも値段が6,000円以上するが、3ケ月分入っている。
1ケ月で換算すれば約2,000円強になる。
値段だけでみると「ちょっと高いな」と感じる。

筆者も他社の安い「柿の葉茶」を飲んでた時期もあったが、
結局、この「柿茶(ティーバックタイプ)4g×96袋+西式取材資料」に戻した。

現在は、これを飲み続けている。理由は、味が自分に合ってるのと
「西式甲田療法」が勧めているだけあって、製造過程や内容がしっかりしてるから。
味は、「葉が活きてるような瑞々しさを感じるような美味しさ」がある。

メーカーは「柿茶本舗 有限会社生化学研究所」で、香川県にある。
もちろん、国内産で、「放射能」や「農薬」は、一切検出されていないとのことである。

一般の薬局やスーパーでは見かけた事が無いので、店頭では、
「西式甲田療法(「西式」や「甲田式」とも呼ばれている)」や
「断食療法」を実践・推奨しているお店やそういった医療施設などで見かけることが多い。

「西式甲田療法」については、別の機会に記述していきます。

薬局などの一般の店頭でみかけるものとしては、上記の商品は無いが、
柿の葉茶自体は、色々な商品がある。

商品名は忘れたが、値段も安価(1ケ月で1,000弱だったと思う)で、非常に美味しい「柿の葉茶」があり、
上記の「柿の葉茶」と飲み分けて味を楽しんでいた時期もあった。

柿の葉茶を選ぶポイント

どの商品を選ぶかは、個人の好みがあると思うので
下記の3つのポイントを満たしてるかで選べばいいと思う。

①農薬などの有害物が含まれない。

②ビタミンCが壊れるので、製造の過程で火(煎る)を通していない。
低温焙煎のものなど。

③ブレンドされずに柿の葉のみのもの。
含有量は、ティーパックの1袋(3~4g)で、1.5~2リットル抽出できるので、
ティーパックの1袋につき3g以上のものを選べばいいでしょう。

原則は、国産のもの。
中国産のものも多く、味も飽きるし、焙煎方法も不明だが、色で低温焙煎ではないと分かる。

筆者の知る限りでは、低温焙煎の茶葉は、
緑色か黄緑色をしており、苦味や渋みで分かりにくい茶葉もあるが、
味も青臭い中でも、やまろやかさを感じる。

低温焙煎にこだわる理由は、先述したように、高熱で「ビタミンC」が破壊される事を避ける為。

国産と思っていても…

中国産と書かれていないが、中国産のものもある。
これは実際に経験した。今も某大手の薬局では見かける商品なのだが、
5年程前までは、「中国産の柿の葉を使用」と書かれており、
メーカーのHPにも書かれてあったが、現在は、HPにも商品のパッケージにも
何処にも書かれていないのである。

「国産に変えたのかな?」と思って購入したが、味は5年前と同じだったから
現在も中国産なのだろうと思う。

味は、飲みやすく普通なのだが、不思議なことに飽きてしまうのである。
毎日飲むようにしてたが続かなかった。

柿の葉茶は国産が良い。
日本人の風土にあっているからなのだろうか。

松茸のように、日本産の松茸は香が高く美味しいが、
海外産のものは香も味も異なるし、しっくりこないのと同じ事だろうと思う。

飲み方について

基本は「柿の葉茶」は、普通のお茶と飲み方と変わらない。
下記の点を意識すれば良いと思う。

「柿の葉茶」は、毎日1.5リットルくらい飲用するのが理想的だと言われている。

一気に飲んでしまうのではなくて、小刻みにチビチビと飲むと、
ビタミンCはこまめに補給する方良いので、効率良くビタミンCを補給できる。
喉が渇いたら、ちょっと飲むというのを繰り返す感覚で。

急ぎや早く飲みたいとき、お茶を入れた時の色が、
透明から少し濃くなった位から飲むと良いらしい、ビタミンCは抽出されている。

やはり柿の葉茶はこれだった

先ほど紹介した『柿茶(ティーバックタイプ)4g×96袋+西式取材資料』が
一番美味しいと思った。

「同じ産地(徳島県)」の商品かつ「低温焙煎」という理想的な柿の葉茶を
偶然、見つけて、しばらく飲んでいたが味が全然違った。

商品は『国産 低温焙煎 柿の葉茶』という商品。

『柿茶(ティーバックタイプ)4g×96袋+西式取材資料』と比べると、
味にクセあるのと、二度出しすると極端に薄くなる。

栄養はあると思うが、筆者は、『柿茶(ティーバックタイプ)4g×96袋+西式取材資料』が
一番、口に合い飲んでいても飽きない。

柿茶(ティーバックタイプ)4g×96袋+西式取材資料(初回のみ)

新品価格
¥6,500から
(2014/10/17 14:03時点)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>