肌が綺麗な人と「固形石鹸」

肌が綺麗な人が言うには
「石鹸は固形石鹸がいい。」と口をそろえて言っている。

60歳になっても髪の毛がフサフサで、シワも少ない
40歳代くらいに見える男性が言ってたことだが、
「洗髪も身体洗うのも固形石鹸にしている。石鹸は本来は固形あるのが自然なので
液体の石鹸は、固形化せず液体を保つ成分が添加されているはずだから。」ということらしい。

確かにそういった意見はよく耳にする。
ただ、『無添加せっけんシャンプー(ミヨシ石鹸株式会社)』のように
液体の石鹸の状態でも非常に良い商品もある。

無添加せっけんシャンプー本体 350ML

新品価格
¥438から
(2014/10/17 09:30時点)


(石鹸の成分だけで作られているので無添加)

これを筆者も知人も使っているが髪質やボリュームが良くなった。
さらに、セットでコンディショナーとして「無添加せっけん専用リンス(ミヨシ石鹸株式会社)」も併用してる。

無添加せっけん専用リンス本体 350ML

新品価格
¥465から
(2014/10/17 09:33時点)


(クエン酸のみで作られているので無添加)

これは、「弱アルカリ性」のシャンプーに対して、「弱酸性」のリンスで中和して髪をしなやかにするため。
使い始めの2週間くらいは、普通のリンスと比べると「バシッっ」としたような違和感があるが、
使い続けていくと非常に髪の毛がサラサラして光沢が出てくる。とても気持ち良い。

ミヨシ石鹸株式会社のシャンプーとリンスは、どこでも見かけるわけではないが
薬局やホームセンターで入手しやすい。

ちなみに固形石鹸の話しに戻すと、固形石鹸に関しては上記のような場合もあるので、
一概には、「固形石鹸>液体石鹸」とは言い切れない。
筆者も数年前から、液体のボディーソープから固形の石鹸を使っている。

メーカーは「DHC」の固形石鹸である。

DHC Q10ボディソープ 120g
dhc_q10

筆者の場合は、固形か液体かを意識したわけではないけど、
お気に入りのボディーソープが店頭では、あまり見かけなくなり、
予約して入手しないといけない状態になった。

これをきっかけに新しいボディーソープを探そうと思ってたら、
たまたま、見つかり、気に入ったボディーソープが固形だった。

メーカーは、液体と同じのDHCの商品だが、成分が固形の方が良い印象を受けた。
早速、成分を1つ1つ調べてみた。
自分で調べた結果では、表示成分に「添加物」が入っていなくて、
天然の成分のみで作られていて
身体に悪いようなものが含まれていなかった。

成分に「コエンザイムQ10」が含まれていて洗い上がりが非常にサッパリする。
身体だけではなく、洗顔にも使っても肌が突っ張らなく気持ちが良い。

これだけで顔から身体まで洗っても充分かなと思う、筆者はそうしている。
髪の毛にも良い成分が沢山含まれているので、顔を洗うときに多少、髪の毛にも付着しても
気にせず洗えるので、これからも使い続けるだろう。

この「Q10ボディソープ」は泡立ちがとても良いので、身体や顔を洗ったついでに、
そのままの勢いで頭まで洗う事をした事があった。また、身近にそれをやっている人もいる。

しかし、これはオススメできないかもしれない…
髪には良いはずだが、ドライヤーで髪を乾かす時、「白っぽい粉」が噴くのである。
しかも、とれないので、それで、髪を洗いなおした事が何度かあったので辞めた。

今は、髪を洗うときは、普通に、ミヨシ石鹸株式会社の「無添加せっけんシャンプー」と
「無添加せっけん専用リンス」を使っている。

「Q10ボディソープ」は、身体をメインに洗って、人によるが顔も洗うという使い方が良いと思う。
(※顔を洗う場合、敏感肌や乾燥肌の人は「突っ張る感じがする」という人もいた)

DHC Q10ボディソープ 120g

新品価格
¥330から
(2014/10/17 09:36時点)

店頭で「Q10ボディソープ」は、以前は薬局やスーパーでもよく見かけたが、
最近は「DHC専門店」以外には、あまり見かけなくなった。

ちょっと残念である。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>