体のあらゆる機能に使われる体内の酵素を大切に

enzyme

酵素は、生きる為には必須というより絶対に必要なものです。

我々の体内が正常に機能しているのは、一言で言うと酵素が化学反応を行う作業をしているからである。

消化以外にも、自己修復(成長・自然治癒)や考える(思考する)時にも酵素が使われ、体のあらゆる機能に使われる重要な役割を担っている。

スポンサーリンク

人間の体内の酵素は、3種類の酵素に分類されている。

①消化酵素
②代謝酵素
③潜在酵素

①消化酵素
摂取した食物を体内で、消化するために用いられる酵素。
唾液も「アミラーゼ」という消化酵素で、「でんぷん」を「デキストリンやマルトース(麦芽糖)」に変える働きがある。

②代謝酵素
エネルギーとなった栄養を働かせるために必須であり、体内の自己修復(成長・自然治癒)にも使われる。
運動や呼吸、排泄や体内に侵入したウイルスに対する攻防だけでなく、
意外な事に我々の思考にもこの酵素が使われている。
生命活動を維持していくためには、欠かせない酵素なのである。

③潜在酵素
体内には潜在的に酵素が備わっているといわれている。
この酵素は、①と②の「消化酵素」や「代謝酵素」の土台になり、必要に応じて
①、②のいずれかの酵素になる事が出来る。
この潜在酵素の絶対量は個人差はあるものの、決まっており、生涯増える事がないらしい。
そして、この絶対量を使い果たすと人は死に至るともいわれている。
更に、この酵素をどれだけ浪費せずに節約するかと若々しさは比例しているという。

この考え方に沿っていうならば、現代人は酵素不足が深刻な状態にあり、
ストレスや環境などの食生活により潜在酵素が失われている。
悩んだり、睡眠不足の時も余計に酵素が使われており、
脂の多い食べ物や、消化の悪い食べ物も消化酵素を大量に消費してしまう。

また、潜在酵素は、「消化酵素」か「代謝酵素」になるのだが、消化を優先する傾向があるので、食べ過ぎや美食は、消化酵素にばかり酵素を使われるので、代謝のために必要な酵素が生成に追いつかずに不足する事態となる。

その結果、病気や体調不良、老化が早まる原因になっていく。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>