腸内の善玉菌(ビフィズス菌)を増やして 無理なくダイエット!

善玉菌 悪玉菌
【健康にも美容にも欠かせない腸内の環境】

万病の元といわれるほど、腸内の環境を整えることは大切である。
その役割を担っているのは、腸内細菌である。

腸内細菌には、善玉と悪玉、中立の3種類に分類できる。
中立菌は、状況によって悪玉になったり、善玉になったりする腸内細菌のことである。

腸内環境が良いと、善玉菌が優勢になり、そのときは中立菌は善玉に協力し、
腸内環境が悪ければ、悪玉菌が優勢になり、そのときは中立菌は悪玉に協力する。

この腸内細菌の善玉か悪玉の優劣のバランスが大切で、食生活でその優劣が決まると言っていいだろう。
善玉が優位にすることが腸の健康、身体の健康や美容にとって必須といえる。

スポンサーリンク

腸内に善玉菌を簡単に定住させる方法は?

乳酸菌飲料やヨーグルト等で善玉菌(乳酸菌など)を補うことをしなくても
腸内に善玉菌を簡単に定住させるには、ニンジンを食べるのが良いらしい。

量は、丸1本食べなくてもよく、カットしたサイズのように少しでいい。

ビフィズス菌自体を食べるより、ニンジンひとかけらを食べた方が
腸内のビフィズス菌が増えるという。

小食や断食療法で自然治癒力で病気を治し健康体を作る発想の「西式甲田療法」の
メニューの中に「生菜A」や「生菜B」があり、ニンジンをジュースにしたり、
摩り下ろしたりして、ニンジンを生で摂取するのがある。

「西式甲田療法」の食事療法を行うと、その結果、腸内の善玉菌が増え、
「体内で消化できない生の玄米」も腸内細菌のおかげで消化できるようになる。

また、他の生野菜なども腸内細菌の影響を受けて、
消化分解されタンパク質まで作られるともいわれている。

腸内の善玉菌で綺麗に

更には、腸内細菌の種類や割合と状態によって、人間の個々の性格にも影響しているとか
神秘的といわざるえない報告までもある。人格にも影響するとは驚かされる。

善玉菌の割合が悪玉菌より多くすることが腸内を綺麗にすることにもなり、
善玉菌が、人体の消化器官で消化できない栄養素も消化してくれる。

その過程で、有益な栄養素も作られるので健康や美容にとって良いのはもちろん、
代謝が良くなるので太りにくくなるという。

腸内の善玉菌を増やしたい方は、基本は、ニンジンを食べつつ、
ヨーグルトや乳酸菌のサプリメントなどの摂取を続けられてはいかがだろうか。

生きたまま乳酸菌が摂れるDHCの『生菌(せいきん)ケフィア 30日分』という商品をご存知だろうか?

筆者が思いつきでやったことであるが、この商品が面白い使い方ができる。

サプリメントなのでケフィア菌が、カプセルに入っているのだが、
そのカプセルを外して中の白い粉(ケフィア菌)を牛乳や豆乳に入れて
常温で24時間~48時間放置するとヨーグルトができるのである。

夏場などは、1Lなら2日ほどかかるが、500mlなら1日以上経てば作れる。

筆者は雑菌が繁殖しないように、牛乳パックの開閉口は直接手が触れないようにしているので
腐らせたことはないので分からないが、異様な臭いや味がした場合は捨てて新しく作りなした方が安全。

冬場は、気温が低いので、ヨーグルトメーカーなどの保温器具(サポーター)を用いた方が安定する。

ケフィアサポーター 設定温度約25℃

新品価格
¥2,262から
(2015/6/16 14:44時点)

ケフィアサポーターは、
電源入れて(電源コンセントに接続)巻くだけで約1日で作れる、冬場は1日半くらい置けば大丈夫。
2日以上置くと発酵が進み酸味が増して酸っぱくなるので注意。1L作れる。

保温器具は、形状が2種類ある。

1.カプセルのような器具に牛乳パックごと、納めて密閉させるタイプ
2.
温度は40度くらいであろうか、手で触ると暖かい。

筆者は、ケフィアヨーグルト作成キッドを某サプリメント会社のK社から定期購入していたのだが、
DHCの生菌ケフィアのサプリメントが、生きたケフィア菌だというになら、
培養できるのではないかと思って始めたのがきっかけである。

その予想が当たり、K社のものと同じ味で作れたのである。
しかも、費用も1/3以下に抑えられ、量も調節できる。

保温器具は、定期購入の時に、初回に付属されていた、K社のものを引き続き使っている。

DHCの生菌ケフィアの場合、1Lで作った時、「固まり方が弱いな」と思ったら、
カプセルを2個入れることで短時間(1日以上はかかる)で作る事もできる。

生菌(せいきん)ケフィア 30日分

新品価格
¥1,296から
(2015/6/16 14:21時点)

本来は、サプリメントとして摂取するのであるが、筆者のようにヨーグルトの種菌にもできる。
1日に2粒目安で30日分だから、60粒(カプセル)あるので、60回分のヨーグルトが作れる。

500mlなら1粒(カプセル)、1Lなら2粒(カプセル)入れれば充分である。
コスト面でも非常に有り難いし、カプセルなので、使い切ることができ衛生的だと思う。

ヨーグルトつくるか、サプリメントとしてそのまま飲むかは、お好みで。
二択できるから面白いと思う。

豆乳でも作れる!自作のヨーグルト!

牛乳以外にも豆乳でも作れる。
牛乳で作る時と全く同じやり方で、乳酸菌を豆乳に入れて

栄養的には豆乳の方が良いが、作りたては美味いのだが、
筆者の経験では、2日以上経つと酸味が強くなるのか酸っぱくて食べにくくなる。

豆乳で、DHCの『生菌(せいきん)ケフィア 30日分』のケフィア以外の他の乳酸菌や他メーカーのケフィア菌で作っている人もいる。

豆乳でヨーグルトを醗酵させるとき、25度越えないような低温で、作れば美味しいという。
ネットで検索すれば出てくるので、そちらも参考にされるといいだろう。

筆者は、25度以上で作っていたから、低温醗酵の豆乳が美味しいかどうかは “” だけど、
調製豆乳ではなく、加工をしていない豆乳を選ぶのが必須!!

調製豆乳だと、作ってからの味が酷くなるからである。
作ってからすぐに酸味と歯ごたえが増しすぎて、気持ち悪くなり劣化も早い。
おそらく、嫌いというかトラウマになってしまうだろう。

作れても、1日で食べれなくなるくらい不味くなるし、
ヨーグルトが中途半端な醗酵になり、作れない事も多い。

牛乳で作るより、賞味期限というか美味しい期間は短く感じる。
ただ、栄養的な面で考えると豆乳のほうが優れている。

牛乳で、お腹が緩くなったり合わない方には、豆乳で作るヨーグルトがいいのではないだろうか。

ヨーグルト以外で乳酸菌をとる場合

納豆はニオイが苦手な人もいるが、牛乳や豆乳でヨーグルトを使うより手間が要らない。

納豆には、豆乳や豆腐より栄養面で優れている部分がある。
それは、「フィチン酸」という成分。

「フィチン酸」はミネラルの吸収をある程度阻害する可能性があると云われており、
発酵されて無い大豆食品に含まれている。ただ、科学的根拠ははっきりしていない。

豆腐や豆乳、おからなどには含まれているが、納豆や味噌は発酵されているために、
「フィチン酸」は含まれておらず、また、消化酵素(補酵素)もよく働く状態になっているので
身体にはより優しくなっているという。

発酵食品は、腸内でも発酵が続くので、「腸がビックリするし、ガスも発生する」という食事療法の
指導者でいう方もいるが、筆者の体験ではそういう心配はあまりなかった。

1日に2~3パック程度だとかえって腸の調子が良いと感じている。
(納豆1パックは、平均40~45g、稀に100gの納豆もある)

寝る前にたべると肌に艶が出てくるという、話を聞いたことがあり、実践してみたが、
確かに1週間くらいで肌の艶が違う。

寝る前に食べるのは、寝てる間に、新陳代謝として自己修復が行われるときに、
良質なたんぱく質やミネラルなどが補填されているので材料として使われるからだという。

食べ方のポイントは、生野菜や果物をやや中心にした食事をしつつ、
夕食時に、納豆も食べると、胃腸の負担も少ないのでいいと思う。

(中華料理など、普通にこってりした料理を中心な食事に、納豆を食べた場合は、
オナラが多くなって腸がビックリしてる感覚があった)

肌を美しくみせたい方には、お勧めの方法の1つかもしれない。

腸の綺麗さと肌の綺麗さは比例するというので、納豆が苦手、
ケフィアサポーターなどで作る自作のヨーグルトもちょっと…
と思われる方は、生きて腸まで届くタイプの乳酸菌のサプリメントを摂ればいいと思う。

生菌(せいきん)ケフィア 30日分

新品価格
¥1,296から
(2015/6/16 14:21時点)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>