老化を遅らせる長寿遺伝子

老化を遅らせる長寿遺伝子

性別や年齢に関わらず、同年代でも見るからに若々しい人がいます。

年齢を重ねても若いときと変わらなく見える。
それはもともとそういう体質や顔立ちがいいというわけではないようだ。
実際にそういう人は、他者と比べて老化のスピードが違うらしい。

若く見える人、老けて見える人、その違いは何なのでしょうか?

年をとることを避けては通れないが、
日常の食生活や努力で、長く若々しくいることは可能です。
それが科学的にも明らかになりつつあります。

老化のスピードは個人差があり、その差に「長寿遺伝子」が
関わっている事がわかってきた。

長寿遺伝子は、サーチュイン遺伝子とも呼ばれ、
活性化させることで寿命が延びると言われている遺伝子のことである。

老化のスピードをコントロールする遺伝子として最近注目を浴びている。

若く見える人は長寿遺伝子が活発に働いており、サルやマウスを使った
動物実験でもそれが証明されている。

長寿遺伝子は、日常の食生活や習慣で、左右されてる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>